診療案内

(小児歯科)

小児歯科

 歯科・口腔外科 小児歯科゙ マタニティ歯科 MRCトレーナー矯正 最新歯科医療 これからの予防歯科 乳歯はいずれ大人の歯(永久歯)に生え変わるからこのままでもいいのかな…これは
大きな間違いです!

小児の治療

乳歯は次に生えかわる永久歯を正しい位置に誘導するとともに、そのスペースを維持するといった重要な役割を持っています。乳歯を早くに虫歯にしてしまうと、永久歯が正しい位置に生えてこなかったり、また永久歯もすぐに虫歯にしてしまう環境となります。
特に5、6歳からの生え替わりの時期にはおおよそ4〜6ヶ月期間での継続した定期検診が必要と考えています。

小児歯科

小児の治療 定期的な検診

成長する子供のお口の中も日々変化していきます。小児歯科の最終目標は「正しい永久歯列を育成する」こと。 定期検診では、以下の診査を行います。
    ▶ むし歯のチェック
    ▶ 歯列(歯ならび)の診査
    ▶ 歯みがきの状態・歯肉炎の有無
    ▶ フッ素を用いた予防治療

正しい永久歯を育成するためには定期的な健診が必要です


Copyright©Dental Nishihara. All Rights Reserved.