診療案内

(MRCトレーナー矯正)

予防歯科

 歯科・口腔外科 小児歯科゙ マタニティ歯科 MRCトレーナー矯正 最新歯科医療 これからの予防歯科 ワイヤーを使わない子供の歯の矯正に。

MRCトレーナー矯正とは?

MRCトレーナー矯正(PTC)

・MRC(Myofunctional Research Co.)とはトレーナー装置(T4K®)というマウスピース型の矯正装置を使用しながら、一緒にロのまわりの筋肉トレーニング(筋トレ)をして子供たちの不正咬合(乱れた歯並び)を早期に治療するシステムです。
不正咬合の原因となる舌のクセ、ロ呼級などの悪習癖を治療することで、本来子供が持っている正しい歯並びを促します。 また、呼吸を改善することは歯並びだけでなく健康面においても大きなメリットがあります。
従来の矯正トレーニング方法とは大きく異なり、子供たちが楽しんでいるうちにトレーニングになってしまっていることが多く、途中で矯正をあきらめてしまう可能性が少ないです。

矯正の目的は?

筋肉(口腔筋)を鍛えて正しい歯列へ導きます。間違った舌位置や口呼吸のような筋機能癖を正し、歯並びや顎の発達に大きな影響を与え歯列を改善します。

筋機能効果
口腔筋の訓練(筋機能効果)を目的としています。これにより歯と顎の位置を改善します。口呼吸や異常な飲み込み、舌の突出した筋機能を治療せずに放って置くと、正しい顔の発育と正常な歯列の発達の妨げとなります。

矯正の目的は

治療期間
現在の成長の過程で歯列が改善されたら、いったん治療は終了ですが、大人の歯がある程度生えそろう中1くらいまで装着したほうがベターです。 通院回数は、マウスピースに慣れて来たころには2~3ヶ月に1度の通院です。

非抜歯矯正(歯を抜かない矯正歯科)
永久歯を抜かずに矯正治療をするには乳歯が残っているうちがベストです。(3~10歳)

歯並びの乱れの原因

★正常な発育を促すものなので、成長段階にある6~10歳くらいのお子様に適しています。
 初期費用 50,000円 + 検査 15,000円 計65,000円
 装置交換15,000円 (検査含む) ※表記価格に別途消費税がかかります。

親御様から見て“歯並びがおかしいかな?”と思ったら、ご相談ください。

T4Kトレーナーの使用方法 T4Kの特徴
T4Kの特徴

歯の誘導システム
T4Kの前部は矯正用ワイヤーと同じような機能を持つように成型されています。
①トゥースチャンネル(誘導溝)
②ラビアルバウ(前歯に軽度の力を加えます)

筋機能効果
T4Kの前部は矯正用ワイヤーと同じような機能を持つように成型されています。

③タンタグ
筋機能法やスピーチ療法のように舌の位置を是正します。

④タンガード
舌の突出しを防ぎ、鼻を通して呼吸するようにします。

⑤リップバンパー
唇の筋肉の過剰な動きを抑えます。

顎の発達

⑥翼状型ベース
正しい顎の成長を助けます。顎位置の改善は装着した際に、
口呼吸と舌の突出しを防ぐことにより達成されます。


プレオルソこども歯ならび矯正法とは?

プレオルソこども歯ならび矯正法とは?

プレオルソこども歯ならび矯正法とは、新素材で作られたプレオルソというマウスピース型矯正装置を使い、小児(4歳から9歳くらいまで)の歯ならびを悪くしている口周りの筋肉を訓練することで、正しい位置に歯を動かしていく治療法です。
歯ならびを悪くしているお子さんは、なにかしらの問題を抱えています。 たとえば、口呼吸や寝ている時に口をあいている、上手に飲み込めずまる飲みする、いつまでも噛んで食事が遅い、うまくしゃべれないなど正しく口を使えないことが原因で、歯ならびが悪くなってしまいます。 プレオルソは歯を並べ替える装置ではなく、口周りの筋肉を訓練する装置なので、プレオルソを入れることで舌や唇の筋肉の正しい使い方を覚えてもらいます。

プレオルソの特徴は?

筋機能効果
口腔筋の訓練(筋機能効果)を目的としています。これにより歯と顎の位置を改善します。口呼吸や異常な飲み込み、舌の突出した筋機能を治療せずに放って置くと、正しい顔の発育と正常な歯列の発達の妨げとなります。

マウスピース式タイプなのでお子さまが嫌がりません固定式の装置は、違和感や痛みが強いですが、マウスピース式は、それがほとんどありません。プレオルソマウスピースは、ポリウレタン製の柔らかい素材でできており装着感が良いので、お子さまでも嫌がりません。さらに、熱可塑性(熱を加えることで自由に調整できる)の素材でできており、お湯を使った簡単な調整をする事により顎を広げたり、個々の口腔内に合わせることができます。また、食事の時に装置をはずせるので、虫歯の心配がありません。

ご両親が非常に気にされている「お口ポカン」に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します 「プレオルソ」は「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」が非常に重要と考えています。マウスピースを使うこの治療法は子どもの成長発育にとても大切です。

装置を使う時間はどのぐらいですか? 家に帰ってから起きている間に「1時間」と「寝る時」に使います。学校に持っていく必要はありません。

気になるお金の問題。「プレオルソ」は予算的に一般の矯正よりも始めやすい治療です この治療法のために開発した新素材のマウスピースを使用するので、個々の口腔内への調整がしやすく、治療効率が良いためです。

★正常な発育を促すものなので、成長段階にある6~10歳くらいのお子様に適しています。
 初期費用 50,000円 + 検査 15,000円 計65,000円
 装置交換15,000円 (検査含む) ※表記価格に別途消費税がかかります。

ぷれおるそ

大人のマウスピース矯正もご相談ください。



Copyright©Dental Nishihara. All Rights Reserved.